ラジコンページはこちら エアガンページはこちら 鉄道模型ページはこちら
店舗案内オンラインショップスタッフブログイベント情報

HOME[ラジコン]ラジコンの基礎知識
ラジコンの基礎知識

ラジコンは、無線操作の頭文字の事で、離れた場所から電波を使って動かす模型の総称です。
ラジコンを趣味で始めようと思っている方もいるでしょう。
こちらでは、初心者向けにラジコンの基礎知識についてご紹介したいと思います。


【ラジコンを始める時に必要なもの(EP)】

1・《本体》車、飛行機、ヘリコプター、ボートなどがあります。その他にもバイクやトレーラー、マルチコプターなど種類がたくさんあります。
2・《プロポセット》送信機・受信機・サーボ・送信機用電池。(EP仕様はアンプ)
3・《バッテリー》EP仕様のラジコンの動力源となるバッテリーパック。バッテリーの種類も多数あります。
4・《バッテリー充電器》家庭用コンセントタイプ、自動車12V接続タイプなどがあります。

【プロポ】
ラジコンの送信機を一般的に「プロポ」と呼んでいます。
送信機のスティック操作やハンドル操作に比例してサーボを作動させることから、簡略的に送信機のみをプロポと呼んでいます。本来は、送信機〜受信機〜サーボ・アンプの一連がすべてを比例し動作する総称で、一般的には送信機をプロポと紹介しています。

【受信機】
送信機で発信された電波を受け、信号を取り出しサーバーに送る役目をします。
送信機と同じように、チャンネル数やAM・FM・PCM・2.4GHzの4種類の電波方式と周波数帯があります。
最近では、2.4GHz方式が多数も販売され、クリスタル交換なしでバンド管理ができます。基本的に送信機と同じメーカー、電波方式、周波数帯のものを使用します。

【サーボ】
受信機から送られてきた信号を機械的な動きにかえる役目をします。
サーボモーターが内蔵されており、受信機からの信号によってサーボモーターが回転する向きやスピード、時間が決められ、サーボホーンを動かします。サーボホーンの動きは、車の前輪や船の舵、飛行機の方向舵を動かして向きをコントロールします。また、走行用モーターのスピードコントロールスイッチやエンジンのスロットルレバーを動かし、速度をコントロールします。種類は、デジタルやアナログ・サイズの大小・スピードやトルクの違いなど用途に合わせたくさんの種類があります。

【アンプ】
サーボのかわりにスピードコントロールアンプに受信機からの信号を送り、総飛行用モーターの回転をコントロールします。スイッチ式とは違い、モーターに電気を流す時間を調整し、効率よくスピードをコントロールします。ただし、アンプには用量がありますので必ずモーター出力にあったものを使用してください。

以上が、ラジコンの基礎知識についてでした。
ラジコンを始める前には、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。